精神科訪問看護特設ページ

精神科訪問看護にかかわる皆様へ
精神科訪問看護ニュース
精神科訪問看護Q&A
日本精神科看護協会の入会方法


■精神科訪問看護にかかわる皆様へ


これからの日精看は、病院と地域をつなぐ「看・看連携」にも力を入れていきます。
また、精神科訪問看護に関するプラットホームの役割(精神科訪問看護をよりよく動かすための土台のような役割)も担いたいと思っています。
この特設ページや「日精看 精神科訪問看護LINE」などで、さまざまな情報を発信するとともに、皆様の声をお聞きしながら、精神科訪問看護に関する政策提言をより積極的に行っていきます。


  • ▶「日精看 精神科訪問看護LINE」はこちら 




    ■精神科訪問看護ニュース



    Vol.01「地域包括ケアについて」【2021/5/31】

     地域包括ケアシステムという概念は、1980年代に、当時の御調町(現広島県尾道市)で医療と福祉行政が連携して「高齢者の寝たきりゼロ」を目指すという取り組みで実施されたものです。その後、2014年には、「医療介護総合確保推進法」が施行され、地域包括ケアシステムの構築が全国的に進められるようになりました。

     では、我が国の地域精神保健医療福祉についてはどうでしょうか。2004年9月に策定した「精神保健医療福祉の改革ビジョン」において「入院医療から地域生活中心へ」という理念が明確になり、施策が行われました。こうした中で、2017年2月には、「これからの精神保健医療福祉の在り方に関する検討会」報告書において、精神障害の有無や程度にかかわらず、誰もが地域の一員として、安心して自分らしい暮らしをすることができるよう、医療、障害福祉・介護、住まい、社会参加(就労)、地域の助け合い、教育が包括的に確保された「精神障害にも対応した地域包括ケアシステム」の構築を目指すことが新たな理念となりました。しかし、精神障害にも対応した地域包括ケアシステムって精神科訪問看護師が何をすべきかが、はっきりしないと感じておられる方は大勢おられるのではないでしょうか?

     精神科訪問看護師は、在宅でケアを展開しています。まずは、利用者さん自身が自分の健康は自分で守る行動ができるように働きかけることが大切です。つまり自助の部分を支援するのです。そこには疾病教育や服薬指導はもちろんのこと、心身両面の健康を守るためにどうするべきかをともに考え実践することが役割です。そして、家族調整も含めて、環境を整えることも必要となります。あとは互助です。地域にどのような資源があったらよいかと地域課題をして捉え、発信し、作り出す工夫が必要です。地域にあるものや地域住民を資源と捉えて働きかけることです。そのためには、精神科訪問看護師が地域ケア会議を開催してもよいと思います。また、包括支援センター等が主催している地域ケア会議に参加することもよいでしょう。このような取り組みをぜひ、一人の利用者さんを中心に実践してみてください。地域包括ケアの入り口がきっと見えると思います。



    ■精神科訪問看護Q&A



    精神科訪問看護における疑問や困りごとに、日精看の精神科認定看護師がお答えする「精神科訪問看護Q&A」コーナーの準備を進めています。6月中に公開予定です。



    ■日本精神科看護協会の入会方法



    詳細は「入会のご案内」ページでご覧いただけます。